野の花 山の花

2018年 04月 29日 ( 1 )

アズキナシ

a0213370_21495655.jpg

a0213370_21494276.jpg

葦毛湿原にて
a0213370_19573857.jpg
a0213370_21191598.jpg
岩崎自然歩道の沢沿いを歩いていたら、ポチャント飛んで来ました。
良く見ると、なんとタゴガエルではありませんか!
岩の上で、30センチに近づいても逃げません。
なんで、タゴガエルと言われるのかと調べると
発見者の岡田さんが、動物学者の田子勝彌氏に献名して田子蛙。

a0213370_20585787.jpg
a0213370_19581547.jpg
毎年、ヨコズナサシガメの幼虫が越冬しているのを葦毛湿原西の桜の樹で観察しています。
先日F博士がフィルムカメラに三脚で撮影しているのに出会いました。
なんと、羽化しているのです。
同じ個体ですが、赤いのは羽化直後で、翌日には黒くなります。
このヨコズナサシガメの名前の付け方もおもしろい。
フリルが付いているように見えるのを横綱の綱に見立ててヨコズナ。
刺すカメムシなので、サシガメ。
おまけに、外来種です。


[PR]
by imou-bog | 2018-04-29 04:00 | 葦毛湿原 | Comments(0)