野の花 山の花

ミツバアケビ

a0213370_17201576.jpg

4月13日自然歩道沿いで咲いていた
果実は熟すと紫色を帯び裂開する
葉は3出複葉、雌雄同株、雌花は大きく雄花は小さい
湿原周辺にもある
a0213370_17254416.jpg

ロウバイ、山麓の公園で植栽された木で満開となった
12月下旬から咲き始めた、すがすがしい香りがあると云われるがよく解らなかった
中国原産、江戸時代初期に渡来したと云われる

[PR]
# by imou-bog | 2012-01-06 06:01 | 弓張山系 | Comments(0)

ミヤマシキミ

a0213370_17464173.jpg

4月12日湿原周辺で咲いていた
雄花、葉はアルカロイドを含み有毒
果実は今、赤熟したのが見れる
a0213370_17505564.jpg

イヨカズラの種子があった。種はすでにはじけていた
花は6月30日に開花

[PR]
# by imou-bog | 2012-01-05 06:01 | 葦毛湿原 | Comments(0)

ニガイチゴ

a0213370_17304233.jpg

4月12日湿原周辺で咲いていた
果実は赤く甘いが、種子を噛むと苦いため苦苺
a0213370_15244975.jpg

a0213370_15252492.jpg

a0213370_15255097.jpg

ホソバオオアリドオシ、別名ホソバニセジュズネノキ自然歩道沿いにあった
今まで何十回も通っているのに気づかなかった
果実が赤く熟していたので目についた
高さは80センチくらいの常緑低木
根が数珠状に肥厚するので数珠根の木

[PR]
# by imou-bog | 2012-01-04 06:01 | 葦毛湿原 | Comments(0)

イスノキ

a0213370_17174966.jpg

4月12日遊歩道入口付近で咲いていた
上を向いて歩かないと気づかない
アブラムシの仲間の寄生によって虫えいができる。この虫えいは大きいので目立つ
樫よりも堅く、国内産材では最も堅いと云われる
体育館の床材、ソロバンの枠材に使われてきた
a0213370_17254087.jpg

湿原入口広場の紅葉がまだあった

[PR]
# by imou-bog | 2012-01-03 06:01 | 葦毛湿原 | Comments(0)

カタクリ

a0213370_19381084.jpg

4月5日自然歩道沿いの群落地で咲いていた
片葉の葉に鹿の子模様が入るので片葉鹿の子それが別名のカタカゴ
それから片栗になった
a0213370_2073650.jpg
a0213370_2075152.jpg

湿原周辺のミヤマシキミに花芽がついていた。隣の木は果実を付けているのに。

[PR]
# by imou-bog | 2012-01-02 06:01 | 弓張山系 | Comments(0)