野の花 山の花

アリドオシ

a0213370_20142781.jpg
a0213370_20144510.jpg

一両、神石山の斜面にて。
今年は、実が赤く熟したのがない。
大きい葉と小さい葉が交互につき
短枝の変化した、鋭い刺が伸びている。
この刺で「蟻を刺し通す」ことができそう
それで、この名前。
高さは50センチくらい。
マンリョウと共にに鉢植えをして飾ると
万両が1年間、あり(有)通し、めでたい語呂あわせ。

[PR]
by imou-bog | 2013-01-18 07:01 | 弓張山系 | Comments(2)
Commented by gojyagojya at 2013-01-18 14:39
こんにちは。
一両(アリドオシ)
名前の由来、万両との語呂合わせ・・
勉強になりました。いつお有難うございます。
Commented by imou-bog at 2013-01-18 20:13
gojyagojyaさん、こんばんは。
昔の人は、洒落た名前を考えるもんですね。
ごじゃごじゃさんの霜柱もいいですね。
自宅で見れるとは羨ましい。