野の花 山の花

ミカワマツムシソウ

a0213370_235420100.jpg
a0213370_23535221.jpg

雨生山~金山にて
花後の実の形が、巡礼が叩く松虫鉦に
似ているから、松虫草という説がある。
a0213370_21433211.jpg

a0213370_21435560.jpg

近くの公園にて、黄葉、紅葉

[PR]
by imou-bog | 2012-11-16 06:01 | 弓張山系 | Comments(4)
Commented by b_fleur at 2012-11-16 16:59
色も咲き方も繊細で上品な花ですね。
普通のマツムシソウよりも、儚そうで素敵です。
ミカワは地名のことなのでしょうか?
Commented by imou-bog at 2012-11-16 21:17
b_fleurさん、こんばんは。
地名ですね、三河松虫草です。
地質の関係でこのあたりしか無いそうです。
ちょっと、遅かったで実も撮れました。
Commented by b_fleur at 2012-11-16 21:33
やはりそうだったんですね。
シラタマホシクサにしても、このミカワマツムシソウにしても、
可憐な花が咲く地域なんですね。
ミカワマツムシソウの実は普通のマツムシソウの実よりも
色も綺麗に感じます。
Commented by imou-bog at 2012-11-16 21:56
b_fleurさん、こんばんは。
愛知県東部の西三河、東三河、奥三河を
含んでいるとおもいますが、
三河塩竃(みかわしおがま)三河真珠茅(みかわしんじゅがや)
三河躑躅(みかわつつじ)三河梅蕙草(みかわばいけいそう)
などがあります。
三河松虫草は、蛇紋岩地帯という、痩せ地にしか生育しないので、普通の松虫草よりも、なんか可憐な感じがします。