野の花 山の花

ナガバノコウヤボウキ

a0213370_22475719.jpg

自然歩道にて
コウヤボウキとは、花姿が少し違う、頭花につく葉が束生する。
コウヤボウキの頭花につく葉は1枚なので、花が咲くと識別できる。
教えて頂いたので早速調べてみました。

[PR]
by imou-bog | 2012-10-08 22:28 | 弓張山系 | Comments(4)
Commented by なな at 2012-10-08 15:04 x
ご無沙汰しています。訪問だけの日々になりコメントなくてごめんなさい↓記事のタニジャコウソウとても綺麗ですね。何時も虫食いばかり見てますので感動です。
今日の記事のコウヤボウキ 普通のではなくてナガバノコウヤボウキですょね?。葉の付き方と花の付く位置から判断したのでずが?
Commented by imou-bog at 2012-10-08 21:33
ななさん、こんばんは。
今、写真でよく見ますと、ナガバノコウヤボウキですね。
自然歩道の尾根でここの場所の数本が
一番最初に開花していました。
花だけ見てコウヤボウキと思っていました。
あるんですね、初めて見ました。
いつも花のアップが多いのですが、
この頃は、葉もできるだけ入れるようにしていたので
良く解りました。
教えていただきありがとうございました。
Commented by なな at 2012-10-09 17:02 x
私はコウヤボウキよりもナガバノコウヤボウキの方が好きですから、たまたま知って頂けです(笑)
またいろいろ教えて下さいね。
北遠の地ではエンシュウハグマがあちこちで咲いてます。
暦では寒露 花を愛でる季節の短くなって来た事痛感しますね。
つるべ落としと言われるように日照時間も短くなってきましたので慌ただしい一日です。お身体ご自愛して長く湿原案内人お願いします。
Commented by imou-bog at 2012-10-09 19:38
ななさん、こんばんは。
コウヤボウキに2種類あるとは思いませんでした。
たしか、比丘尼にもエンシュウハグマがあったので
見に行きたいです。去年、行った時は花が終わっていました。